すべての記事

豊前の吉本新喜劇!? 人情食堂 一休庵

なにやら面白い食堂があるとかで、

ぶぜんらいふ。メンバーも交えた、仲間数人とその場所へ。

 

場所はJR宇島駅から海側に行ったところ。

新観光スポット、うみてらす豊前に行く手前にあります。

p2040943 p2040941 p2040938

お店の名前は『一休庵』

何やら店の入り口にはお寺でみるような鐘がぶら下がっています。

独特の雰囲気があります。

店内へ

p2040929

店内に入ると大衆食堂の雰囲気がむんむん。

カウンターごしにお店の人とお話しできるスタイルです。

広くはないけれど、カウンター7席と、奥に座敷もありました。

すでにお昼から呑んでいるおいちゃんがいたりして、

この時点ですでにおもしろセンサーが働きはじめていました。

p2040932

メニューは壁に掲げられているので、

それを見て注文。

基本的にはワンコイン。500円でいただけるものが多いです。

 

おすすめは貝汁定食

p2040892「豊前名物!」と書かれている、

あさり貝汁定食を頼もうと思ったのですが、

 

「あと、2食しかありません。」

と女将さんの声。

どうやら少し早くこないと

食材がなくなってしまう模様。

仲間数人と行っていたので、

貝汁はそちらにゆずり、「豚生姜焼き定食」に。

 

大変な時はお客さんも協力

この日は瞬間的に普段よりかなりの人数が来たみたいで、

厨房内もてんやわんや。

ご主人と奥さんの二人で切り盛りしているので、

こういう時はお客さんがお店のお手伝い。

 

店の常連である仲間の一人が奥の座敷に持って行ったり

お茶を運んだりしていました。

まだ、あるんですよね。

こういう古きよき食堂が。

 

しばらく待っていると

おいしそうな香りとともに

定食が目の前に。

p2040904

メインの豚生姜焼き、 天ぷらと煮物の副菜、漬物に白ご飯。

しっかりした味付けでごはんが進みました。

「おかわりもしてね」と奥さん。

これで、500円。かなりコスパがいいですね。

 

ハフハフとごはんをかきこんでいると、

途中で、「はいよっ!」とご主人。

仲間の一人がアミをとってきてくれていたので、

それをご主人が調理してくれていたのでした。

p2040908

アミとは、小さなエビのこと。

豊前では春と秋にとれるのですが、

港から大きな網を使って比較的簡単にすくえるとのことで、

とっている方も多く、この時期、豊前の各地で

「アミとってきたけ、やる!」

というやりとりが繰り広げられます。

 

その日に食べるなら生でもいいですが、

無理なら冷凍か、塩漬けにします。

 

昔から豊前の人に親しまれている食材なのです。

 

今回は獲れたての生のアミだったので、

甘味をとても感じることができました。

そこに、ネギとカボスが効いて、

さっぱりといただくことができました。

p2040936

 

目の前で繰り広げられる、夫婦漫才

と、ここまでは普通のレポートですが、

この店の真骨頂はここから。

 

なんと言っても、ご主人と奥さんのやりとりが面白く、

お店に入ってから終始笑いっぱなしでした。

それはまるで、コントか漫才

はたまた吉本新喜劇か。

 

と思っていたら、

「あ、私たち吉本って名前なの。」

本当に吉本新喜劇だったのね。

 

夫婦間のやりとりだけでなく、

初対面のお客さんとも会話の中で

お客さんが「私クセがあるから」と放つと

すかさずご主人が「私はアクがあるから」

と瞬間リターン。

よく打ち合わせなしでそんな話ができるよね。

って、感じでユーモアのセンスが抜群なんです。

 

店を出て感じるのは心の温かさと

おもしろかったな!という感想。

食堂なんだけど、お腹以外も幸せに

してくれるお店でした。

 

 

おいしい食事と

笑いの同居した人情食堂をお探しなら

ぜひ、『一休庵』へ。

 

 

「一休庵」の概要

店名 一休庵
ジャンル 食堂
住所
〒828-0022 福岡県豊前市宇島63-3

アクセス  宇島駅から 徒歩9分 車3分

駐車場はありません。店の前に1,2台ほど停れます。

営業時間 11:00~14:00 / 17:00~?
定休日
問い合わせ先
参考サイト  http://buzen-lvc.blog.jp/archives/7760020.html
The following two tabs change content below.
ひでさん
浄土真宗本願寺派のお坊さんで3児の父。お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 楽においしく料理する。それが、ずぼら料理会!
  2. 【豊前市離乳食教室】赤ちゃんの離乳食に悩んだときにはここ!
  3. 【コラム】ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」の目指すもの。…
  4. 【豊前グルメ】上質な素材を使ったぜいたく寿司ランチ!
  5. 楽しい片づけから始まる、古民家再生!
  6. 風水で開運!家庭運を上げる!
  7. 2月なのにもうお花見!?河津桜が九州・豊前で見られます。
  8. 【夜ver.】豊前市最大のまつり! 2016カラス天狗まつり 夜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ぶぜんらいふ 公式Facebookページ

PAGE TOP