すべての記事

習うより慣れろ!豊前天狗太鼓練習 体験レポート

先日、豊前天狗太鼓の練習体験に行ってきました!
以前にぶぜんらいふ。でも紹介させていただいた豊前天狗太鼓。

【夜ver.】豊前市最大のまつり! 2016カラス天狗まつり 夜の部
http://buzen-life.com/archives/600

 

毎週、練習をしているとのことで、ぶぜんらいふ。メンバー数人でお伺いしました。

 

練習場所は豊前市立多目的文化交流センター

多目的文化交流センターは図書館や埋蔵文化財センターなど文化的な施設が集まる一角にあり、2Fが体育館、1Fがイベントや様々な団体の練習に使用できる施設になっています。


豊前市ホームページより。http://www.city.buzen.lg.jp/sisetu/bunka/tamokuteki-bunkakoryu.html

 

建物に入るとすでに音が…

20時からの練習ということで、少し前に到着したのですが、すでにお伺いした時には奥のほうから太鼓の音が聞こえてきました。その音をたよりに1Fの一番奥の部屋のドアをおそるおそる開け、中に入ってみるとすでに天狗太鼓のメンバーさんたちが練習をされていました。やはり、音の迫力がすごいです。

会長の石原さん。全体練習を取り仕切っておられました。

らいふ。メンバーのあゆみ氏(左)とじゅんこさま(右)


しばらく見学しているのかと思いきや、「寒かったでしょう?体を動かしましょう」といきなりのお誘いが。バチを持って、いきなりの実践です。その様子の動画。


ぶぜんらいふ。メンバーも挑戦します。(このときは地域おこし協力隊の方も体験に来られていました。)輪になって順番に太鼓をたたいていきます。最初のほうはついていけましたが、リズムがややこしくなるとボロボロでした。

 

天狗太鼓メンバーの演奏を間近で!


少し休憩を挟んだ後天狗太鼓のメンバーたちで「演奏しよう」となって、『魂』(たましい)・『シェイク』・『彩』(いろどり)という3曲を演奏していただきました。演奏となると空気が一変し、奏者の目つきも真剣そのもの。久しぶりに合わせたそうですが、息ぴったり!


らいふ。メンバーから「すごい!かっこいい」の嵐!


最後にはびしっとポーズ!さすがです。

 

直々に手ほどきを

せっかくなので、いろんな太鼓や楽器に触れさせていただきました。種類によってバチの持ち方も違うようです。女子メンバーは篠笛も教えていただきました。

「やっぱり難しい!」とあゆみ氏。
実際に触らせていただくと見るだけではわからない面白さがあります。触れることによってより演奏者の偉大さがわかりますね。

ほら貝も豊前天狗太鼓にはつきもの。ステージでは山伏の恰好をして吹かれています。私はこれに挑戦してみましたが、ほとんど音がでませんでした…。
その後、引き続いて太鼓も叩いてみましたが、連続して長時間叩くと腕が痛く動かなくなってきました。これを天狗太鼓のみなさんは楽しそうに演奏するのだから、頭が下がります。
今回のこの演奏体験は特別なことではなくて、どなたでもいつでも大歓迎とのことです。「練習中におじゃまして…」と、申し訳なく思ってしまいがちですが、メンバーの一人にお話を伺うと、「見学や体験にきていただけると、基礎練習ができるのでありがたいです。メンバーも気持ちが引き締まります。」とのお言葉。興味のあるかたはぜひ行ってみてください!

 

親子で一緒に演奏!


親子共演ができるのも豊前天狗太鼓の魅力。息子くんは終始ニコニコと楽しそうでした。親の背中を見て、大きくなっていくっていいですね。

 

太鼓女子にインタビュー!

練習終了後、メンバーさんにお話を伺いました。

 

●カンナさん
ぶぜんらいふ。(以下、ら):太鼓を始めたきっかけはなんだったのですか?
弟と一緒に見学に行った際に興味が出て、やってみたくなって始めました。

ら:太鼓の面白さってなんですか?
ステージの上で叩くのが楽しいです。

 

●ケイトリンさん ハワイ出身
ら:太鼓を始めたきっかけはなんだったのですか?
もともと日本に来て太鼓をしたいと思っていました。

ら:太鼓の魅力ってなんですか?
みんなやさしく教えてくれるところです。太鼓だけでなく日本語も教えてくれます。

 

●アスカさん
ら:始めたきっかけはなんだったのですか?
母の友人の紹介で入会しました。

ら:太鼓の魅力はなんですか?
豊前太鼓は雰囲気とチームワークがすごく良いです。日常を忘れるくらいに、集中、没頭出来ます。若い子からお年寄りまで、幅広い年代の友人が出来るのがいいところですね。そして、一人では出来ないことができるのがとっても楽しいです。

ありがとうございました!

 

会長の石原さんにインタビュー

Q.苦労はありましたか?
音が出る楽器ですので、練習場の確保に苦労しました。苦情が来たりして場所を転々と。この多目的ホールができるまでは市役所の大会議室で練習していました。3階にあるので、太鼓を下ろしたりするのが大変でした。

Q.お客さんへのメッセージはありますか?
音の響きを感じていただきたいです。演奏しているほうもお客さんの目を見たら聞いてくれていると分かります。聞いてくれているなぁと感じると叩くほうも嬉しくなりますね。

Q.演奏をしている中で何か思い出はありますか?
ずいぶん前ですが、ある施設に公演に行きました。その時はお客さんより、メンバーのほうが多い状況だったので、演奏もこんなもんでいいやというおごりがありました。しかし、演奏を始めるとお客さんの目が変わりぐっと乗り出して聞いてくれるのがわかりました。そのことを後でメンバーに確認したら、私と同じようにみんなそれが分かったということでした。そういうことがあってから、どんな場面であっても一生懸命やると心がけています。この話はお客さんに教えられたエピソードですが、子どもたちの指導をする場面でも相手から常にいろんなことを教えられています。

Q.豊前天狗太鼓の今後の展望は?
コラボレーションも、自分たちのみの演奏もがんばりたいです。それと、引き続き若い子の育成にも力を入れていきたいです。

Q.メンバー募集に関して
大人は基本ウェルカムです。来る者拒まず去る者も追わず(笑)見学や体験も大歓迎です。
小学生以下の小天狗に関してはオーディションがあります。10人来て5人とるという感じです。ただ、現在は去年の募集で来てくれた子たちがいるので、その子たちが上達するまでは募集はしません。募集するときは告知をしますので、市報などで確認いただければと思います。

ありがとうございました!

ぶぜんらいふ。メンバー感想

今回太鼓初体験のぶぜんらいふ。メンバー。見るのと演奏するのでは大違いで、緊張しながらも大いに楽しめた会になりました。参加したらいふ。メンバーの声をどうぞ!

●じゅんこ氏
いきなりのスパルタ式「習うより慣れよ」攻撃でしたが、みんな優しく丁寧な指導で、寄り添って教えていただき楽しかったです。天狗太鼓のみんなも楽しそうで、チームワークがイイんだろうな~って感じました。何より、全体の雰囲気がイイ!!ので、また行きたいと思いました。

●あゆみ氏
いきなり輪に入っての練習。緊張感ハンパなーーーい!!!でも、その緊張感とリズムに合わせて太鼓を叩くのが気持ちがよかったです。ちゃんと音を出したり、音の強弱をつけたりするのって意外と難しいんだと実感。やってみないとわからないもんだなぁと思いました。チームとしての印象は老若男女、色々な世代のメンバーで構成されているところが他の習い事にはない良さがあると思いました。また、大人も子どもも一生懸命だけど、とても楽しんでやっていることが一緒にやってみて伝わってきました。真剣に物事に取り組む大人の姿を子ども達が見て一緒にできるっていうのはとてもいいことだなと思いました。

編集長まとめ

小学生から外国人それに、ベテランさんまで。豊前天狗太鼓のメンバーは多種多様。いろいろだけれど、太鼓の演奏で一つにつながっている。ここに理想のコミュニティがあるのではと感じた。ステージ上の演奏を見ている時も練習も楽しそう。もちろん目に見えない苦労はたくさんあるのだろうけれど、彼&彼女らが発する楽しくしあわせな雰囲気にもっと巻き込まれたいと心から思った。もし、この記事を見て少しでもそんなことを思った人がいたなら、ぜひ、体験に足を運んでほしいと思います。豊前天狗太鼓のみなさん、ありがとうございました!

豊前天狗太鼓 練習日&練習場所

火曜日 19時~新小天狗 20時~小天狗 21時~中学生以上大人メンバー
水曜日 20時~22時 中学生以上大人メンバー
金曜日 20時~22時 中学生以上大人メンバー
いずれも、豊前市立多目的文化交流センターにて。
連絡先…090-8390-3052(会長、石原さん)

 

豊前天狗太鼓、次回演奏スケジュール

12月23日(金)11時~ 豊前天狗太鼓演奏予定 場所:能徳団地(ホームステイセンター柿の木主催イベント)

1月7日(水)12時頃  初うち 場所:大富神社

 

 

 

「豊前市立多目的文化交流センター」の概要

スポット名 豊前市立多目的文化交流センター
ジャンル 体育館・ホール
住所 〒828-0021 福岡県豊前市八屋1776−2
料金 お問合せください。豊前市立多目的文化交流センター Tel.0979-53-9535
会館時間 9時~22時
休館日 毎週月曜日
(月曜日が祝日の場合は翌日)、
年末年始(12月29日~1月3日)
アクセス 【車】宇島駅から3分
【徒歩】宇島駅から12分
参考サイト 豊前市ホームページ
The following two tabs change content below.
ひでさん
浄土真宗本願寺派のお坊さんで3児の父。お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 旧郵便局舎を家具工房に【STAMP FURNITURE】~オーダ…
  2. 新鮮な魚介を自分で「買って・焼いて・食べる!」浜焼き小屋オープン…
  3. 豊前のオシャレ隠れ店「1113」~ランチカフェ×服飾雑貨
  4. 【コラム】ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」の目指すもの。…
  5. 濃厚な『豊前海一粒かき』をそのままお届け!!松江カキ直売所
  6. 【ひなまつり】豊前で手作りの「さげもん」が見られるスポット!
  7. ハロウィン?いいえ、カボウィンです!三毛門カボウィンパーティー
  8. 神楽初心者が行く!アクロバット神楽・湯立(ゆだて)三毛門神楽

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ぶぜんらいふ 公式Facebookページ

PAGE TOP