すべての記事

【ひなまつり】豊前で手作りの「さげもん」が見られるスポット!

こんにちは!編集長&お坊さんのひでさんです。

3月3日はひなまつり。お坊さんとして各お宅をお参りでまわると、立春を過ぎた頃から、それぞれのお宅で様々なひな人形の姿を見ることができます。

その人形や飾りの華やかな色や姿は心を和ませ、「ああ、今年も春が来たのだなぁ」と思わせてくれます。

そんな中で、みなさんは「さげもん」をご存じでしょうか?

さげもんとは…

 

 

さげもんは、福岡県柳川市に伝わる風習。吊るし飾りのひとつ。
女児の生まれた家庭では、その一生の幸せを願い雛壇は父方の実家から、さげもんは母方の親戚、母、祖母が用意する。これに類する風習として静岡県東伊豆町の「雛のつるし飾り」、山形県酒田市の「傘福」(笠福)がある。

wikipediaより

ここに書かれている通り、さげもんと言えば、福岡県柳川の『柳川雛祭り さげもんめぐり』が有名ですが、実は、ここ豊前でもさげもんを見ることができるスポットがあります。

それが、今回ご紹介する梅月さんのお宅です。

お家が展示場に!

仏間に入ると、さげもんの他に、お雛様や、人形など、ひなまつりグッズが飾られています。なんとこれらは一部を除きほとんどが手作りの品。

これらを作っておられるのが梅月さん。

お話を伺うと、作り始めたきっかけとして、福岡県の柳川にさげもんを見に行ったところその美しさに感動し、自分も作ってみたいということで現地で作り方の本を購入されたのだそう。

その本を見ながら、お孫さんの初節句のために作ってみたのが始めだったそうです。

「最初は夢中で、寝ないで、徹夜でしていました。さげもんは一つ作るのに三ケ月ぐらいかかりますね。肩が凝りました。(笑)」と梅月さん。

材料の生地は着物のはぎれとか、ちりめんとか、古布のお店とかで購入される以外に、「作ってるのを知っている方もいるので、いただくことも多いですね。」とおっしゃっていました。

「お越しいただいた方にはお薄のお抹茶をサービスしますので、気軽にお越しくださいね」と梅月さんからのメッセージ。

4月10日ごろまで、飾りを出しておられるようですので、ぜひ、見学とおしゃべりに行ってみてくださいね。

 

「梅月さんの家」の概要

住所 〒828-0021 福岡県豊前市八屋1347 の付近

アクセス 賢明寺 付近
問い合わせ先 0979-83-0258

個人宅ですので、事前に連絡の上、詳細な場所を聞いたのち、マナーを守ってお訪ねください。

The following two tabs change content below.
ひでさん
浄土真宗本願寺派のお坊さんで3児の父。お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017年、すがすがしい新年を! 豊前で見る、初日の出。
  2. 豊前市最大のまつり! 2016カラス天狗まつり 昼の部
  3. 楽しい片づけから始まる、古民家再生!
  4. おいしい加工品に自信あり!豊前川底柿グループ
  5. 新鮮な魚介を自分で「買って・焼いて・食べる!」浜焼き小屋オープン…
  6. 豊前の秋を知らせる奉納神楽
  7. 映像クリエイター 西嶋良氏インタビュー
  8. 神楽初心者が行く!アクロバット神楽・湯立(ゆだて)三毛門神楽

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ぶぜんらいふ 公式Facebookページ

PAGE TOP