すべての記事

みんなで作って食べるっておいしいね!一平ちゃんのスパイスカレー料理教室@教圓寺

めっきり冷え込んできた今日この頃、温かいものが食べたくなる季節です。

こたつに入って、鍋におでん!と行きたいところですが、

 

ほかほかのご飯に、あつあつのルーで温まるのもおすすめですよ!

 

みなさん、こんにちは!

編集長のひでさんです!!

豊前地域を中心に楽しいこと面白いことを発信しています。

 

さて、みなさん。「カレー好きですか?」

 

…と、聞いてはみたのものの、そんな質問が意味ないくらいに愛されているカレー。

 

日本中から「大好き!!」と、聞こえてきそうなほどの国民食と言っていいカレーですが、

この度、豊前でおもしろいカレー教室が開かれました。

編集長の私も参加して調理してまいりましたので、

その模様をお伝えしながら、みなさんの胃袋を刺激してまいりたいと思います!!

 

では、華麗にレッツ、クッキング!!

講師はアマチュアカレーチャンピオン!!

11月某日。

豊前市宇島、教圓寺さま。

今回の料理教室は、教圓寺さまが中心となって企画してくださいましたので、

会場もそちらで。

 

お伺いした時点で、仕込みをされていたようで、

お寺の台所にスパイスの香りが充満していました。

これは、たまらん!!

講師はこの方。新井一平さん。通称、いっぺいちゃん。

現在、上毛町のワーキングステイを利用して、上毛町に滞在中です。

(11月中旬まで)

この方、実はすごい方で2016年に東京で開催された『アマチュアカレーグランプリ』のなんと優勝者!!

「終了しました!1月22日はカレーの日 「アマチュアカレーグランプリ2016」開催

(しゃかいか!)

この度、ご縁をいただいて豊前市での開催となりました!

まずは、スパイスの説明。実際にかいでみる

レシピを用意してくださいましたが、一平ちゃんが口頭で丁寧に説明してくださいます。

Macbookを使いながら説明をしていただいています。

「香りをかいでみてください」と促され、

スパイスを手に取ってみました。

 

かいだのは、カルダモンとシナモンとクローブ。

シナモンは馴染みがありますが、

それぞれに特徴が違って面白かったです。

スパイスの香りをかぐと元気になれる気がしますね。

実は豊前市でスパイスが手に入る!?

こちらが実際のスパイスでこの状態をホールスパイスというそうです。

シナモン(棒状のもの)、カルダモン(緑色)、クローブ(こげ茶色)

こちらは、パウダー状のスパイス。

今回はこれらの本格的なスパイスを使って作る、「スパイスカレー」になります。

 

本格的ってなると、

「材料が手に入りにくいんじゃ…」と思われるかもしれませんが、

実はこのスパイスたち。

豊前市のある場所で手に入るって知ってました??

それが、こちらのお店。

三毛門にある『すぱいす工房BONGA』さん。(〒828-0031 福岡県豊前市三毛門1434,0979-64-8995)

ホームページリンク

スパイスの販売だけでなく、各地でスパイス料理教室をおこなっておられます。

豊前で本格的なスパイスが手に入るなんてすごいです!

気合を入れて調理スタート!

頭にタオルをまきまき、

さっそく調理開始です!

参加者が交流を図れるように、教圓寺さまが名札を作ってくださいましたので、

胸に貼り付けています。

若い坊守さんお手製のかわいらしいお釈迦様の消しゴムハンコです。

 

スパイスチキンカレーをつくります。

今回作るのは一平ちゃんいわく、スタンダードなスパイスチキンカレーだそうです。

ここからは手順を説明していると長くなるので、端折っていきます。

写真を見ながらおいしいものを作ってる感をお味わいください!

材料を刻み…

スパイスをまぜまぜ…

鶏肉に下味をつけ…

ホールスパイスをいためます。

続いて、野菜を入れ、トマトピューレを入れます。

スパイスも投入!

鶏肉も!

混ぜます。

鶏肉に火が通ったら、ココナッツミルクを。

いい感じになってきました。

この状態で40分ほど煮込みます。

 

ここまでのあいだ、写真では伝わらないのですが、

終始スパイスのいい香りが立ち込めています。

ちょうどお昼時に調理をしていたので、

お腹が空きまくりでした!

 

子ども達はお絵かきで待機

ウチも含めて子ども連れが多かったのですが、

子ども達は子ども達同士で遊んでくれました。

パクチーも豊前産!!

最後にパクチーを入れます。

レシピにあった、フレッシュスパイスですね!

これも豊前市内で農家さんが作っておられるようです。

パクチーは人気なのでそのうち取材にお伺いできればと思っています。

ざくざくっと刻んで、鍋へ。

付け合わせはさっぱりと

煮込んでいる最中に、付け合わせを作ります。

トマトと、アボカドにヨーグルト。

ここにスパイスを混ぜて出来上がり!

それと、一平ちゃんが昨日から作ってくれていた、玉ねぎのマリネと、

キャベツのアチャール。

それに、レモンをカレーと一緒に1つのお皿に盛りつけます。

 

みんなでお参りしてからお食事

お寺でのイベントでしたので、みんなでお内仏(おないぶつ・住居部分の仏様)にお参り。

こどもたちもしっかり声を出していましたよ。

いよいよ盛り付け!

お腹が空いたのを我慢しながら、最後の仕上げ。

盛り付けをします。

事前に炊いていてくださった混ぜご飯。

「キーマジーラライス」というのだそうです。

バターの香りもしておいしそう!

ライスにカレーをかけて、付け合わせをお皿に乗せれば…

はいっ!スパイスチキンカレーのできあがり!!

みんなで、わいわい、いただきます!

手を合わせて「いただきます!」

 

初めてスパイスカレーを食べましたが、

おいしいですね!!

最後のパクチーも効いていてさわやかな香りがプラスされています。

 

スパイスカレーというと、大人向けという感じがしますが、

このカレーは辛くなく、子どもたちも喜んで食べていました。

付け合わせを混ぜながら食べると、味が変わっておいしかったです。

おかわりもして、楽しい雰囲気の中、

食事をすることができました。

大勢で食べる食事はいいものですね!!

こういう会を時々できたらいいなと思います。

 

編集長的まとめ

一平ちゃんのスパイスカレー教室は以上で終了ですが、

今回の感想をまとめておきます。

・スパイスカレーはけっこう簡単にできる。

・スパイスカレーは辛くないのもある。

・調理中、めちゃくちゃお腹が空く。

・スパイスカレーっておいしい!

・みんなで食べるともっとおいしい!!

と、こんな感じですね。

豊前の食材を使って、こんなにおいしいカレーができるというのは嬉しい体験でした。

一平ちゃんありがとうございました!

また豊前に来てカレー教室をして下さいね!!

 

リンク

一平ちゃんのCurryPass~世界が変わる、つながるカレー

 

※予告:近日公開!一平ちゃんこと、新井一平さんのインタビューをお送りします。

写真:大江英崇

The following two tabs change content below.
ひでさん
浄土真宗本願寺派のお坊さんで4児の父。お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. なんだこれは〜!?丘に突然現れた巨大なモノとは?
  2. 【子連れで行きやすい豊前グルメ】ランチでは焼き立てパンが続々と!…
  3. 【イベント予習に!】2017年『枝川内あじさい祭り』事前情報!
  4. 一体感で奏でる美しい鐘の響き。ハンドベル『ベルみゅうず』
  5. 【イベント】グルメも神楽もあり!家族で楽しめる!10/30「豊前…
  6. おいしい加工品に自信あり!豊前川底柿グループ
  7. 【10月のお寺カフェ】 ~お寺がカフェに!? だれでも集えるほっ…
  8. 色鮮やかな3000本つつじの名所 宝福寺山つつじ祭りレポート!

ぶぜんらいふ。公式インスタグラム

PAGE TOP