すべての記事

笑いで病気を克服!元気になる人増加中の健康教室をピックアップ!

こんにちは!!じゅんちーです!!

春も少しずつ近づいてきた今日この頃、何だか運動したい季節になってきましたね!

今回は、毎週月曜日の10時から、豊前市八屋公民館で、総合型地域スポーツクラブ『よろうや』で笑いヨガを取り入れた健康教室を開催している林政人さん(49歳)を取材してきました!

総合地域スポーツクラブとは? (豊前市HPより)

笑いヨガを取り入れた、ほどよい程度の運動とストレッチ

健康教室では、はじめに血圧を図り、笑いヨガからスタート。

その後ストレッチをする人と電動バイクをする人に分かれてそれぞれの運動をし、みんなで肩を上げたり回しながらのウォーキング。最後にストレッチ。というような流れです。

あまり無理はしない方がいい人もいるのでそれぞれの体調に合わせた運動。それが永く続く秘訣とのことです。

「わっ、はっ、ははは!わっ、はっ、ははは!!」という掛け声を聞いてるとこちらも元気になるような感じでした。

笑いで自身の闘病生活を克服

※この決めポーズは笑えない時期に娘さんがやっていたポーズを真似して取り入れた思い入れのあるポーズ!

こんな元気ではつらつとした林さんも、大変な時期がありました。
25歳の時に肺に悪性腫瘍が見つかり、10年間闘病生活を送られたのです。
その頃は、いつもマイナス思考で発する言葉もマイナスなことばかり。
闘病中に脊髄腫瘍も見つかり更に落ち込んでいました。
更にパニック障害やメニエル病なども併発し、精神的にもどん底だったそうです。
ですが、ある漢方の先生に「心配だって言ったら心配を呼び込む。自分が発する言葉が変わらないと変わらないよ。」
と言われたり、お兄さんに貰った本に「心は変わらないけど言葉は変わる」などと書かれてあったり、と心が変わっていく幾つかの出来事がありました。
そして、その結果「どんな心境でも笑って生きよう!」「笑いや笑顔を忘れずにいよう!」と、そう思ったそうです。

そこで、最初に行った事は、規則正しい生活から。
「おはよう」と奥さんに顔を見て言うことから始めたそうです。
そうすると、そこから少しづつ元気になり始め、身体も動きだしていったそう。

「言霊ってありますもんね。だから私は絶好調じゃない時でも、絶好調!と言うようにしています。」

と話す林さんは確かに絶好調!という言葉をよく使っています。

無理に元気にならなくてもいいけど、時にはグイっと自分を上げるときは、あえてのプラスの言葉を使っていくのも 一つの健康法だな、と思いました。

教室の終わりには、集合写真。 この日は初めてメンバー全員が集まった日だったそうです。

大きな声出して、適度の運動した後は、みんないい顔してますよね! 今は豊前近郊で400人もの『よろうや』のメンバーがいるそうです。

目標は1000人!! そうやって、元気を広げていってる林さんが一番元気でした。

支えてくれたお母様との思い出

最高齢で電動自転車を漕いでる方は、林さんの実のお母様でした。 御年86歳。元気がイイ。

病気の時に一番助けてくれ、どん底の時に号泣するほどの言葉を放ったのもお母様。

その辺のエピソードは今度、築城町で講演を頼まれて話すそうです。

いつか自叙伝を出したい!!と話していた林さんの講演会。 3月18日から築城町公民館で開催するそうなので、いかがでしょうか?

元気な人が増えるのを楽しみにしています。

The following two tabs change content below.
じゅんちー
大分県中津市生まれ豊前市在住歴11年。 「押し出しフォトグラファー」としてポートレート写真を中心に撮影しています。 ぶぜんらいふ。では、豊前の人、物、事を押し出していきます。笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 乳幼児・こども医療費の助成が手厚い豊前市!
  2. 元気な子どもたちに会いに行こう!保育園コラボの夏祭り!
  3. 宇島港の年に一度の慰霊祭&豊漁祭船舶パレードに密着!!
  4. 【巨大椅子・その後】インスタ映え確実!豊前『巨大椅子のオブジェ』…
  5. 豊前市山内・楽しい片づけから始まる、古民家再生!
  6. 【USAフェス応援】クラウドファンディングは元気玉!参加方法の解…
  7. 該当校区以外の選択肢が安心感!豊前の「小規模特認校」を徹底比較!…
  8. 【5/26まで!】90種類150株のバラが咲き誇る!期間限定 オ…
PAGE TOP