すべての記事

「うみてらす漁港マルシェ」に潜入調査してきました!!

 

こんにちは!じゅんこです。

 

今回は、今年の6月7日にグランドオープンした

「うみてらす豊前」のマルシェを潜入調査してまいりました。

 

「うみてらす豊前」とは食事とショッピングが楽しめる施設で

現在、来客数も絶好調。豊前以外からも多数の方が訪れています。

また、メディアからも多数取り上げられており、

豊前で今一番の注目スポットと言って間違いないでしょう。

 

2階の漁師食堂「豊築丸」ではコショウダイ、ハモ、サワラ、

ワタリガニ、豊前一粒カキなどの

季節がわりの豊前海ランチを楽しむことができ、

また、1階では加工品や、いけすを備えた魚介類の直売所も

あり、時間によっては漁師さん自ら水揚げしたばかりの魚を

持ってきてくれていることもあります。

 

その「うみてらす豊前」の前で行われたこのマルシェ。

今のところ一年に一回なのに、実は今回で3回目の開催なんです。

私は初回にお手伝いさせてもらって、ガーランドを一緒に作りました。

お魚に特化した物を、それぞれのお店がが工夫して出展していて楽しかったです。

 

一年に一回で今年オープンしたばかりなのに、

「どうして3回目なの?」という声が聞こえてきそうですが、

昨年、一昨年は名前が違って、「うのしま港マルシェ」という名で

行われていました。

 

…が、今年は

 

豊前の海岸の新たなランドマーク。

お立ちより観光スポット、「うみてらす豊前」ができましたので、

 

今回新たに「うみてらす漁港マルシェ」として生まれ変わり、

開催されたので、3回目になるというわけです。

 

うみてらすマルシェの様子

img_8255

では、さっそく当日の様子をお伝えします。

タイムスケジュールはこんな感じ。

 

私が「うみてらす豊前」に到着したころには

すでにイベントが進行していました。

img_8231

img_8195

おなじみ、豊前天狗太鼓の演奏!

途中からの参加だったので、

全てのイベントは撮りきれていませんが、

かなり盛り上がったみたいですよ。

陸でも楽しめる!子ども向け、海のワークショップ

img_8335-001

img_8242

魚を直に触れる「タッチングプール」

 

img_8282

img_8291-001

ビニール傘お絵かき。

 

img_8270

好きな言葉を文字で書いてもらえるなんてのもありました。

 

マルシェは買い物だけでなく、

定番のワークショップで、作品を残せるのも魅力ですね。

 

 

食べ物のブースも盛り沢山!!

img_8256

出店者リスト。多くのお店・団体が参加されました。

 

img_8286

 

img_8202

魚を使った、コショウダイカレー!

img_8233

炭焼きのエビ。香ばしかったです!

img_9745

リトリート風知草の薬膳カレー

img_9778

img_9759

img_8295

もみじ学舎にある、幾縁さんのコーヒー。帽子の魚がかわいい♡

 

img_8325

コージーコーナースエヒロさんのケーキ。

 

 

img_8254

自分の好きなものを少しずつ買って

中央の休憩スペースでゆっくりくつろいで

食事することができます。

 

この日は秋晴れで、

外で食事をするのが

とても気持ちよかったです。

加工品&雑貨販売

img_8250

浦野醤油醸造元さんの名物「ワンコインみそ詰め放題」、新定番!「にじいろ甘酒」

img_8253

山内の雑貨屋、うさぎ屋さん。

img_8298

ジーンズのリメイク(地域おこし協力隊、副田さんの作品)

img_9758

そして、初めて見る「牡蛎ぐるみ」!!!

かわいい!!

通りすがりのSさん曰く「身離れがいい。そこに惚れた…。」

とのこと。

実際、色んな人が気になって、問い合わせがあったみたい。

私もブローチにしてもらうように頼んだくらいです。笑

 

かわいいつながりで、

こんなのもありました。

img_8271

きりんの形をしている「ペレットストーブ」

その名も「きりんさん」!!

 

これで、暖を取ると同時にピザなども焼けるそう。

友人たちと冬のアウトドアに繰り出すときにいいかもしれませんね。

なぜか、海で○○のつかみ取り(笑)

行列ができているので、

何かと思いのぞきこんでみると、

 

「芋のつかみどり」(有料)

img_8216

海のマルシェで、なぜかの農作物。

このゆるさ加減。

大好きです!(笑)

 

そんな心のつっこみをしり目に、

お得をかぎ分ける主婦の先輩方が

いち早く察知し行動に移しておられました。

 

さすがです。

見習わねば。

img_8217 img_8248

写真に写っているだけではなく、

後に段ボールに入れて、

かなりの量を用意しておられたようですが、

次から次へと、袋に収まり、

あっという間になくなってしまいました。

 

秋はお芋のおいしい季節。

おいしければ場所は関係ないか。

マルシェを支える関係者たち

 

この「うみてらす漁港マルシェ」

漁港の方も大変な協力をいただいている

とのことですが、

実は運営で多く関わっているのが、

市の職員や地域おこし協力隊の方々。

 

当日は会場を行ったり来たり。

ワークショップや

食事を提供しておられました。

 

知り合いの市の職員さんがいたので

話を伺うと、

「課は違うんだけど、

気になって手伝いに来ている」

とのこと。

 

実はあまり知られていませんが

こういう助け合いを自然とされているのが、

豊前市のすごいところだと思います。

 

みなさん、

いつも、ありがとうございます。

img_8287 img_8284

直売所に行ってみました!

イベントの合間に行こうと思って、

直売所をちらちらとのぞいていましたが、

かなり混雑していたので、

タイミングを見計らっていたら

マルシェ終了直前になってしまいました。(汗)

img_8332

ちょうど、外のスピーカーから「船が戻りました!」

との、アナウンスがあり、のぞいてみると

漁船の名前が書かれたブースに

魚介が並べられていました。

 

よく見るとまだ動いています。

 

こんなに新鮮なものが

水揚げされてくるとは

驚きです!

 

午前中から漁師さんたちも張り切って

船を出していただいたようで、

そのおかげもあり、

大変にぎわっていたようです。

 

今度は早く来て

いいものをゲットして帰ろう。

 

そう決意を新たにしながら、

「うみてらす」を後にしました。

 

今から次回が楽しみなマルシェでした!

 

(写真・ひでさん しゅうちゃん 文・じゅんこ ひでさん共著)

 

 

「うみてらす豊前」の概要

スポット名 うみてらす豊前
ジャンル レストラン 直売所
住所 〒828-0022 福岡県豊前市宇島76−31
料金 お問合せください
営業時間 2階:漁師食堂うのしま豊築丸
営業時間:11:00~14:30
(ラストオーダー 14:00)
※どのメニューも数量限定です。
売り切れの場合、14時前に営業終了することがあります。
電話:0979-82-26201階:豊築漁協直売所「四季旬海」
営業時間:9:00~17:00
電話:0979-64-6717
定休日 火曜日
アクセス 豊前インターより車で15分
参考サイト うみてらす豊前 ホームページ
The following two tabs change content below.
じゅんちー
1973年大分県中津市生まれ、福岡県豊前市在住。中津商業高等学校卒業後、博多で就職、料亭の仲居、婦人服販売員、接客業を経験し、28歳の時に東京へ。 環境の違いから自律神経失調症になり、Uターン帰省。 結婚して豊前市に住むことになり、自宅サロン「CLAVE」で「押し出しメイクレッスン」やエステ。 ズボラ料理会など様々な講座も開催中〜。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 4000体、おひなさまづくし旅
  2. 2017年、すがすがしい新年を! 豊前で見る、初日の出。
  3. 【イベント】グルメも神楽もあり!家族で楽しめる!10/30「豊前…
  4. 該当校区以外の選択肢が安心感!豊前の「小規模特認校」を徹底比較!…
  5. ぶぜんのモノづくり② 漆芸作家 廣田洋子 インタビュー
  6. ハロウィン?いいえ、カボウィンです!三毛門カボウィンパーティー
  7. 【夜ver.】豊前市最大のまつり! 2016カラス天狗まつり 夜…
  8. 新鮮な魚介を自分で「買って・焼いて・食べる!」浜焼き小屋オープン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ぶぜんらいふ 公式Facebookページ

PAGE TOP